センセとテーダーラ新調の。

あるいは、自家製を創作する。それをスキャンダル仕立てにして、反学会の関係者や週刊誌記者にリークする、とい創作する。それをスェう構図が見えてくる。しかも、その手口に乗った一部週刊誌は、実際に取材をしてみて、それが事実でないとはっきしかも、その手口』り認識している。にもかかわらず、売らんがために、平然と活字にしてしまっているのだ。最初に、それをざさやくのが、ほかならぬ稲垣だったのである。その彼が、裁判官から鋭く詰問きれたのは、「あなたは、いろいろ話したが、直接、見たり、聞いたりした話はないのか」という点に尽きるだろうそれに対する、〃元締め〃だった彼の返答が、何とも哀れである。「直接、見たこ直接、見たことはないpある人が聞いたという話を、又聞きしただけで、具体性のない話ばかりで申し訳ない」ぐちだから、法廷には出たノ、なかった、という湿っぽい愚痴には、皆、呆(あき)れ返ったものである。えんご″掩護射撃″を期待した、「隈部」側の落胆や、思うべ‐し。〃証人″と称する人たちが、次々と、あえない〃討ち死に〃を遂げていく。

旅支度はできています。ベビー服も入れました。はい、ロスで買った分を洗濯しておいたので。ええ、本当にかわいくて、買いすぎてしまったくらいです」「亜紀さん、いろいろ心配事もありますが、もうすぐの赤ちゃんに会えるんですよ。幸せな瞬間を心待ちにしましょう。神様が高田家を見放すわけがありません。亜紀さんの命を救ってくれたあの子が、兄弟を連れて帰ってきてくれるんですよ。そう思いませんか?」「。はい。『いつでも降りてきてね。こっちは準備万端だよ』って、テレパシーを送りすぎて、あわてさせちゃったのかもしれませんね」「体力を落とさないように、元気に行ってらしてくださいね。笹島もフィジーからトンボ返りしますし、私も仕事がまとまり次第、リノヘ飛びます」「はい、心強いです。浅原さんたちのフォローもありますから百人力ですね。

能力とか才能は問題ではない。それらも大事だが、もっと大事なものは、やはり人柄、人間性なのだなと痛感します。松下幸之助さんのお話ですが、成功した三つの宝があるとおっしゃっています。ひとつは病弱だったこと、だから人にいろいろ任せたというのです。一番目が貧乏だった。だから仕事に打ち込んだそうです。私も以前、町営住宅に住んでいました。貧乏だったからいろんな仕事に挑戦しようと思ったのです。三番目、教養がなかったから人の話を聞いたというのです。第二章事業としてのニューウエイズ つまりそういうマイナス面を全部プラスに変えていったのです。成功者の発想とはなるほどな、と思いました。つまり結局、学歴でも家柄でもなく、人間性なんだということがわかってきました。それと同時に、私がうまくいった絶対条件は、ニューウエイズだったからです。

なによりも迫力があった。全身から、オーラが立ちのぼっているかのように感じられた。羽田は、直立不動のまま応えた。「はいッ。このたび、父の後継者として立候補することになりました」田中は、いつの間にか、赤鉛筆を扇子に持ちかえていた。扇子をバタバタとせわしなくあおぎながら、一気にまくしたてた。「きみの選挙区は、武嗣郎先生が心血そそいでつくった地盤だ。きみはまちがいなく当選する。だいじようぶだッ。心配ないッ!しかし、問題は当選した後だ。選挙区を三万軒歩いてこい。地元の状況を完全に把握しろ。どこの道路にどんな家が邪魔をしててそこに道がひらかないのか。どこの神社に何段の石段があるのか。一木一草(いちぽくいつそう)を知れ。選挙区の人間を、とことん知り尽くさねばならない。一軒一軒まわっているうちに、その地域の主要な産業や工業がわかる